0歳、3歳、小1へのおすすめ絵本

長男坊が小さい時(まだ一人っ子だった時)は、私も初めて育児で絵本の読み聞かせにはまり、ちょっと時間が空くたびに、親子で読み聞かせを楽しんでいました。1日あたり、15冊ほど読んでいました。

ところが、2人目が生まれてから、忙しさを理由にちょっとトーンダウン。
幸い、本棚に、長男坊が小さいときに買った絵本(主に福音館)がそこそこの冊数揃っているので、次男坊はせっせと読みたい絵本を選んでは、「読んでー!」と持ってくるので、そこでようやく、次男坊との読み聞かせが成立しているような状況でした。

でも何だか、せっかくの読み聞かせが、生活の中に埋もれてしまっている感じ・・・。
もっと私も、積極的に3人の読み聞かせをしたいなと改めて思ったのが、先月、育児サークルで「おはなし会」の代表の方に来ていただいて、読み聞かせをしてもらった時のこと。

そして先日、ママ友にすすめられた「おはなし会」(ボランティア団体)に親子で(次男坊・末っ子)入会しました。 子ども達の読書の推進活動で表彰され、各方面でも認められいる団体のようで、代表の方が元幼稚園の先生であり、子育ての先輩ということもあって、勉強になることの多い時間でした。
 
3人育児で、時間的にもなかなかゆっくり時間をとれない今の私に、「寝る前に、『一人一冊ずつね』と言って、平等に読んであげる時間をもつといいわよ。子ども達も、他の兄弟が読んでもらっている本を意味がわからなくても一緒に読むことができていいよ」とアドバイスをいただきました。
 
また子どもの年齢に合わせた、おすすめの本のアドバイスもしてくださり、その場にいない小1の長男坊の分も含め、3人分の本をどっさり貸してくださいました!
続きを読む >>

at 14:55, しのっち, 絵本読み聞かせ・読書

comments(2), trackbacks(0), pookmark