子ども用ヘアアクセを手作り (リメイク版)

手作りヘアアクセサリー 作り方 リメイク キッズ 節約

子ども用のヘアアクセサリーを手作りしました。

これ、一から作ったものではなく、リメイク小物なのです。
続きを読む >>

at 10:22, しのっち, 洋服・おしゃれ

comments(0), trackbacks(0), pookmark

割れにくいシャボン玉で遊ぶ(割れにくいシャボン玉の作り方)

昔も今も変わらない遊びの一つ、シャボン玉遊び

私も子どものころ、夢中で遊んだっけkyu

割れないシャボン玉 作り方

写真は、科学館のイベントでのひとコマ。

続きを読む >>

at 21:59, しのっち, 遊び・おもちゃ

comments(0), trackbacks(0), pookmark

冬の遊び たこあげ

お正月 凧揚げ

お正月になると、夫が子ども達と一緒に凧揚げをするのが恒例です。

昔ながらの遊びですが、うちの子ども達は夢中になって遊んでいます。

凧揚げは江戸時代からはじまった遊びで、「立春の季に空に向くは養生の一つ」 と言い、”立春の頃に空を見上げるのはよいこと”とされていたようです。

at 21:32, しのっち, 季節・歳時

comments(0), trackbacks(0), pookmark

子どもの本好きを伸ばす

子供 本が好きになるには
絵本カフェにて。長男。

長男、現在小学4年生。

本が好きで、家にいるときはだいたい本を読んでいます。
車で移動中も読書に没頭していて、よく車の中で読んで酔わないな・・と違う意味で感心してしまいます(笑)

男の子だし、スポ少もしているので、むかしと違って私よりも、お父さんとの結びつきのほうが強くなってきました。
年齢的にも、親と一緒より友だちと一緒のほうが楽しい年頃。
あぁ、どんどん私から離れてきたなぁ・・・と年々寂しくなってきているのですが、長男と私の共通の趣味である「本」や「歴史」や「ニュース」の話題となると、長男と話が尽きることはありません。
これからどんどん難しい年頃になっていくと思いますが、今のところはこういう盛り上がれる共通の話題があることが嬉しかったりします。
私自身、今は自分の父親との日常の会話は「孫」のことくらいなものなんですが、父と共通の趣味である「歴史」の話になったとたん、いつまででも語り合えますからね。(笑)
続きを読む >>

at 20:12, しのっち, 絵本読み聞かせ・読書

comments(0), trackbacks(0), pookmark

育児サークル お別れ会アイディアまとめ

育児サークルのお別れ会のアイディアをまとめてみたいと思います

お別れ会の流れ

1、飾り付け
送り出す会員(次年度継続会員。以下、継続会員)は早目に会場に入り飾り付けや準備をする。
卒業児とその家族は別室待機。おもちゃで遊んでいてもらう。
卒業児に手作りのコサージュをつけてもらう
2、入場
卒業児入場。BGM。継続会員皆でアーチをつくりくぐりながら入場してもらう。
3、開会のことば&あそび
開会の言葉と皆で楽しめるプログラム
4、食事
5、お茶タイム
6、記念品と卒業アルバムのプレゼント

わたしたちの子育てサークルでは、大体こんな感じの流れで定着しています。

以下、お別れ会の具体的な内容です。

続きを読む >>

at 09:47, しのっち, 子育てサークル

comments(0), trackbacks(0), pookmark

育児サークル クリスマス会アイディアまとめ

5年間続いた、私の子育てサークル活動も、残すところあと2ヶ月ちょっと。

サークル活動でも、最も大きな行事である「クリスマス会」について、これまでの活動をふりかえりながらまとめてみたいと思います。

■食事

「業者のお弁当を頼む」か、「持ち寄りパーティー」かのどちらかのパターン

業者のお弁当は、350〜500円位の予算で。
当日会場に配達してもらう方式が便利。

持ち寄りの場合は、赤ちゃんがいて作るのが大変なママもいるので市販品もOKにして負担軽減
事前に、誰が何を持ってくるかをざっくり打ち合わせ

育児サークル お弁当
業者に頼んだお弁当大人Version 

育児サークル お弁当
こちらは子どもVersion
続きを読む >>

at 23:48, しのっち, 子育てサークル

comments(0), trackbacks(0), pookmark

毛糸のクリスマスツリー

こちら、次男(幼稚園年長)が幼稚園で作ってきたクリスマスツリーです。

手作り 工作 クリスマスツリー 幼稚園 

三角形にした段ボール厚紙に、グリーンの毛糸を巻き付けて、フェルトなどのオーナメントを貼りつけて作られています。

可愛い〜♪♪と声をあげながら、なるほど!こういう作り方もあるんだなーって感心してしまいました。

ちなみに、次男のクラスの部屋には、リース型の厚紙に、同じく毛糸を巻き付けたクリスマスリースが飾ってありました

家でも子ども達と作ってみたいですニコッ

at 08:32, しのっち, 季節・歳時

comments(0), trackbacks(0), pookmark

木のままごとをいろいろ選んでみた

おままごと片付け バスケット 収納


きっと、多くの子どもがそうであるように、うちの3人の子ども達も「ままごと遊び」に夢中になりました。

娘には1歳9ヶ月頃に買ってあげて、今3歳なので、ままごと遊び、まさに現役です。ヤッタv

子どもが生まれるまで、ままごとって女の子の遊びだと思っていたのですが、男の子も夢中になって遊ぶんですよね!
うちの男子達に限らず、よその男の子も、ままごとの包丁を器用に持って、ちゃんと左手を”グー”にして遊んでる姿なんかを目にしていたので、ままごとって男女問わず人気の遊びなんですね。ランチ
続きを読む >>

at 22:12, しのっち, 遊び・おもちゃ

comments(0), trackbacks(0), pookmark

小麦粉遊び→小麦粉料理

小麦粉での遊びって、サラサラの状態から、水などを加えることでまた状態が変わって、そして好きなように形作れるのがいいですよね。

長男、次男が小さい頃も、粘土代わりに、小麦粉粘土遊びをしました。

テーブルの上での上品な(?)小麦粉粘土遊びもしたけれど、男子二人、せっかくだから豪快に!と、床に、新聞紙を大きく広げて、思いっきり小麦粉で好き勝手に遊ばせたときもありました。
子ども達は、それはそれは大喜び。笑
サラサラ小麦粉から、水を加えてねちょねちょ遊びに移り、そして、ある程度固まってきたら、いろんな形を作って遊ぶ。
顔も服も、真っ白にして、笑いの絶えない時間でした。(後片付けはちょっと大変でしたけど(^_^;))
続きを読む >>

at 23:45, しのっち, 遊び・おもちゃ

comments(0), trackbacks(0), pookmark

絵本「よあけ」



よあけ
ユリー・シュルヴィッツ作・画、瀬田貞二 訳。(1974)福音館書店1977年初版。

湖を舞台に、夜が明けていく様を、美しい描写で表現している絵本。

絵本を読むとき、テレビを消しますが、私の家は田舎ゆえ、夜、テレビを消すと、外からの音もなく、本当に静まり返ります。

そういった状況で、この絵本の冒頭の、

 「おともなく、」

で始まるお話に入っていくと、この世界に一気に引き込まれるような感覚になります。

時間とともに変化していく青の濃淡。日が差してきたときの彩り。

色で魅せてくれる、素敵な絵本。

文章は少なめ。
色彩は大人っぽい絵本。

何度も繰り返し読むと、夜明けの美しさが目に焼きつくように感じられます。

よあけ

夜明けの美しさが描かれた絵本。読み聞かせは5歳くらいから。



at 22:34, しのっち, 絵本読み聞かせ・読書

comments(0), trackbacks(0), pookmark