<< 子どもと楽しむお正月と準備 | main | 育児サークル クリスマス会アイディア集 >>

赤ちゃんとの遊び 体を使って

ひな祭り

末っ子も、現在0歳8ヶ月になりました。(明日で9ヶ月

ただいま、ハイハイ、つかまり立ち、つたい歩きに夢中になっています。

そんな、8ヶ月の娘との親子遊びをいくつかあげてみたいと思います。
 
・体をめいっぱい使って遊ばせる

大人になると、自分の意志で体を動かしていることを、当たり前に感じてしまいます。

だけど、、赤ちゃんにとっては、「自分の体の動き」ひとつとっても、不思議だったり、面白かったりするんですよね。

ねんねの時期は、自分の指先を不思議そうにじーっと観察したり、足を口まで持ってきてなめたり。

寝返りが打てるようになってくると、自分の行きたいところを目指して、ぐるんぐるん転がりながら移動していったり。

つかまり立ちができるようになると、いきなり視野が広がって、小さな冒険がたくさん!

目が離せない時期だから、大人の都合的には「椅子でおとなしくおすわりしててもらいたいな〜・・」なんて思いがちだけど、こういう体を使った遊びは、脳への刺激や、体を動かす基礎的な運動になるのでしょうから、積極的に体遊びをさせてあげたいなと思っています。

赤ちゃん遊び
お兄ちゃん達とたわむれて遊ぶ末っ子


・五感で体験する

これは、長男坊が赤ちゃんのときから、この手のことが好きなんですが、綺麗なお花を見せて、香りを嗅がせ、ちょっぴり指で触らせてみるとか、外の鳥の声を聞かせてあげたり、離乳食も、美味しい野菜の素材そのもののを味わわせるといった、主に、「自然のもの」にふれる体験をよくさせています。

人工的なものは、身近にたくさんあふれているけれど、自然そのままの美しさや良さを、赤ちゃんのうちから体験させてあげたいのです。

先日は、桃の節句に合わせて、春の花を、長男坊とあーだこーだ言いながら(笑)生けてみました。
我流の自己満足の楽しみだけれど、娘に見せてあげると、キャッキャッと笑いながら、花に手を伸ばす姿が、なんとも愛おしく感じたのでした
チューリップ

こどもちゃれんじbaby資料請求

at 12:21, しのっち, 0歳

comments(0), trackbacks(0), pookmark

comment









trackback
url:http://enjoykosodate.setuyakuclub.itigo.jp/trackback/4