<< 絵本「よあけ」 | main | 木のままごとをいろいろ選んでみた >>

小麦粉遊び→小麦粉料理

小麦粉での遊びって、サラサラの状態から、水などを加えることでまた状態が変わって、そして好きなように形作れるのがいいですよね。

長男、次男が小さい頃も、粘土代わりに、小麦粉粘土遊びをしました。

テーブルの上での上品な(?)小麦粉粘土遊びもしたけれど、男子二人、せっかくだから豪快に!と、床に、新聞紙を大きく広げて、思いっきり小麦粉で好き勝手に遊ばせたときもありました。
子ども達は、それはそれは大喜び。笑
サラサラ小麦粉から、水を加えてねちょねちょ遊びに移り、そして、ある程度固まってきたら、いろんな形を作って遊ぶ。
顔も服も、真っ白にして、笑いの絶えない時間でした。(後片付けはちょっと大変でしたけど(^_^;))

私は、小麦粉に、適当に水を加えて粘土にしていましたが、市の保健センターからもらったお便りには、

小麦粉100g、水50ml、食油小さじ1/4、塩ひとつまみ、食紅小さじ1

という配分で、小麦粉粘土の作り方が載っていました。

・・・・・・・・・・・

最近は、小麦粉粘土遊びというより、実際に、パン作りやクッキー作り、お団子作りなどを子ども達と一緒にすることが多いです。
現在、末っ子2歳7カ月。パンを丸めたり、めん棒で伸ばしたり、成型したり・・という作業を楽しくやっています。
そういえば、次男坊も、クッキー作りデビューは2歳のときだったから、2歳ぐらいから、こうしたお菓子作りのお手伝いって、楽しく一緒にできる頃なんでしょうね。

子どもと一緒にパンやお菓子作りをするのって、時間もかかるし、出来上がりも、大人が目指すものとは、違った形状になったりするけれど(笑)、出来上がるまでの経過を体験し、おもちゃや遊び場で遊ぶのとはまた違う、親子で共有できる時間だと思います。

子どもとパン作り
末っ子と次男坊が作ったパン。ヘビに、クルマ(?)に、柏餅型

十五夜お団子作り
十五夜には、子ども達とお団子作り

at 23:45, しのっち, 遊び・おもちゃ

comments(0), trackbacks(0), pookmark

comment









trackback
url:http://enjoykosodate.setuyakuclub.itigo.jp/trackback/32