<< 絵本「おおきなおおきなおいも」 | main | 絵本「よあけ」 >>

絵本「ラッセのにわで」



ラッセのにわで
エルサ・ベスコフ作・絵、石井登志子訳。(First published 1920)徳間書店 2001年初版

主人公ラッセの庭に、あるとき、次々と精霊たちが現れます。

おなじみの野菜や果物などが精霊となって姿を現します。赤ちゃんもいれば、おじさんの精もいる。

庭や身近な自然の中に、こんな可愛らしい精が潜んでいたら、すごく楽しそう。

お話は長めなのですが、美しく素敵な絵に魅了されます。

自然を今まで以上に愛しく感じられる絵本です。

ラッセのにわで

身近な自然への親しみが深まる絵本。やや長文なので6歳くらいから。

at 01:45, しのっち, 絵本読み聞かせ・読書

comments(0), trackbacks(0), pookmark

comment









trackback
url:http://enjoykosodate.setuyakuclub.itigo.jp/trackback/23