<< 0歳、3歳、小1へのおすすめ絵本 | main | 赤ちゃんとの遊び 体を使って >>

子どもと楽しむお正月と準備

今年は、昨年生まれた第三子も加わり、家族5人で過ごすお正月となりました。

さて、3人子育ての中での我が家流のお正月準備、お正月についてまとめてみたいと思います。
 
【年末のお正月準備】

 計画は早目に
・師走は、子どもが主役のクリスマス、仲間とのクリスマスパーティーなどがあり、そのあとすぐお正月がやってきてとにかく慌ただしいので、年末年始の計画はできるだけ早く立てていたほうが無難。(できれば、11月中に)
 
11月からちょっとずつ・・
・子どもが赤ちゃんのうちは、大掃除などにまとめて時間を割くのが難しくなるので、11月のうちから少しずつ進めていく。
ただ、赤ちゃん子育て中は、いつもの年よりも不完全になるのは仕方ないと、ある程度の妥協や諦めも必要あ

家族に強力してもらう
・子育て中は家族の協力が必要。
大掃除は夫にも参加してもらう。(年末年始の休みが始まる前に、夫にしてもらいたいことを、リストアップしておく)
子どもも、小学生になるとだいぶいろいろなことができるようになるので積極的に家事に参加してもらう。
お手伝いは2歳くらいからできるようになるので、子どもの成長に応じていろいろなお手伝いを体験させる。(お手伝いは子ども自身にもプラスになることばかり!)
正月飾り
・予定が合えば、正月準備のイベントに親子で参加。(しめ縄作りなど)

おせち料理作り
・毎年恒例のおせち作り。(妊娠〜つわりの時期はお休みして、出来上がったお店のものを利用しましたペコちゃん
おせち料理は食育の面でもとても有効なので、ただ食べさせるだけでなく、食材を見せたり、作っている姿を見せるようにする。(野菜の皮をむくなどのお手伝いをするとなお◎)
娘の成長に応じて、おせち作りも教えていこうと思っています。

【お正月】

新年の挨拶を
・新年を迎えたら、必ず新年の挨拶をするよう教える。もちろん家族間だけではなく、知り合いに会ったときや、習い事の先生にも「今年もよろしくお願いします」のことばを忘れずに。
 
家族で初詣
・毎年、氏神様に初詣。小さなうちから地域の神社を身近に感じる体験を。(地域の方や宮司さんから、この地域ならではのお参りの仕方を教わり、親子ともども勉強になりました。)
 
お正月料理
・おせち料理は、伝統的な料理と、子どもも食べやすいアレンジ料理を織り交ぜながら。
「馬の耳に念仏kyu」でも、毎年、おせち料理の由来を話す。
同じように料理も、小さいうちは好んで食べなかったり食わず嫌いするようなお正月おかずも、毎年出し続けているうちに、ある年から急に喜んで食べるようになるので、毎年せっせと作り続け、出し続ける。(このような理由のため、伝統料理と子ども向けを混ぜた内容で。)
 
お年玉
・2〜3歳ぐらいからは、親からも、ごくごく少額のお年玉を子どもにあげて、「お正月らしさ」を体験させる。親戚などからいただいたお年玉は、子ども名義の口座に預金。親からあげたお年玉は、幼いうちは貯金箱に入れさせ、小学生から自分で自由に管理させる。

年賀状
・幼稚園に入って、字を書けるようになった頃から、お友達への年賀状書きを教える。

昔ながらのお正月遊び
・お正月遊びを体験させる。(上の二人が男の子なので、我が家は凧揚げが定番。その年によって(風によって)、飛ばなかったり、びっくりするほど飛んだり。『うまくできない』こともいい経験。うまく飛んだときの嬉しさは格別!)

七草がゆ
・1月7日には七草がゆを。七草は切りやすい食材なので、時間に余裕があれば、子どもに包丁で切らせる。(幼稚園くらいから)
幼稚園児くらいになったら、子どもと一緒に「七草」を何度か暗唱。
直に、調理前の七草に触れるとともに、七草パックのパッケージに描かれた七草のイラストも、子どもと会話するいいきっかけに。(長男坊、今年の七草パッケージは、切り取って大事にとっていました)
 
お餅
・3〜4歳から、様子を見ながらお餅を食べさせてみる。
トースターで焼くのが一番手軽で、子どももお手伝いがしやすい。
餅つき体験のイベントなどがあれば、積極的に親子で参加!
子どもが成長し、創作お餅を作りたがったら、子どもに任せて作らせてみる。
子ども作の不思議な餅料理、見るからに「・・・」な餅料理、意外に美味しい餅料理など、いろいろなアレンジ餅が誕生して、工夫&失敗を経験するいいチャンス。
 1月11日には鏡開きを。(大きい子は、かなづちを使って鏡開き体験を。ちびっ子は、それを食べる係kyu

どんと焼き、小正月行事
・どんと焼きや、小正月行事も、子ども達に経験させたい行事。毎年、近くの神社で行われるどんと焼きと、地区の小正月行事に参加しています。今年は、茅葺屋根の古民家で行われる小正月行事に、息子達と、息子の仲良しのお友達を連れて参加する予定です。

at 11:21, しのっち, 季節・歳時

comments(0), trackbacks(0), pookmark

comment









trackback
url:http://enjoykosodate.setuyakuclub.itigo.jp/trackback/2