<< 2011年子育て抱負 | main | 子ども劇場・ふろしき市&お獅子作り >>

小正月行事の伝承

昨年、更新しそびれてしまった子育て関係のあれこれをふりかえりたいと思います。

まずは、昨年1月に、長男坊(当時小1)と次男坊(当時3歳)を連れて参加した、地元の小正月行事。

季節行事を大切にしたい、と常々思っている私ですが、自分が生まれ育った環境で、体験したことがないものもあります。

小正月行事もその一つ。
小正月行事、子どもの頃にした記憶はありません。

この地に越してきてから、「へ〜!こういうことをするんだ!!」と初めて知った状況。
新参者なので、地域に古くから伝わる行事を、大人の私たちも学ぶつもりで参加しました。


小正月行事
長男坊、初めての小刀体験。「」の木を削っているところ。
小刀を使わせるのは、まだまだ先・・と思っていたけれど、指導してくれているおじいちゃん達世代にとっては、もうこの位の年齢のときには、普通に小刀を使っていたんですね。

小正月行事みずき
小学生達が加工した桂の木を、「みずき」に飾り付ける次男坊。
家ではなかなか経験できないであろう作業。

小正月行事
雪の中に、稲を立てているところ。これは豊作を祈願してのもののようです。
初めて見ました!!

小正月行事餅
お楽しみはやっぱりお餅!

家ではできない、季節行事を体験できました(^O^)

at 17:47, しのっち, 季節・歳時

comments(0), trackbacks(0), pookmark

comment









trackback
url:http://enjoykosodate.setuyakuclub.itigo.jp/trackback/13