子ども劇場・ふろしき市&お獅子作り

こちらは、加入している子ども劇場で、昨年行われた自主活動ふろしき市&お獅子作り」での一こま。

ふろしき市・・要するに、フリーマーケットのことですね(^−^)

子ども達主体のフリマってところが素敵です。
皆、小銭を握りしめて、思い思いに、子ども店員のお店を回る姿が可愛いのなんのkyu

子ども劇場ふろしき市
うちは、引越しを控えていた時期で、不要なものはだいぶ処分したあとだったため、ふろしき市に持っていけたのはごくわずかでした。
でも金額設定が、低めの設定だったからでしょうか?(安いもので20〜30円)
飛ぶように売れていきました(^O^)/

年々増えていくおもちゃ。
成長とともに、出番のなくなったおもちゃ。
そういったものの「いる、いらない」を見極める機会になりますし、ただ捨てるのではなく、リユースという形を子ども自らが、直に感じられる、とてもいい機会だと思いました

子どもが主役の、こういう機会が、もっとあってもいいなと思いました。

子ども劇場獅子作り
ふろしき市のあとは、「お獅子作り」のワークショップ。
後日行われる「民族芸能」の鑑賞例会で、劇団のみなさんから「獅子舞」を教えてもらって、一緒に体験するためのお獅子制作です。
材料は牛乳パック!

子ども劇場ワークショップお獅子作り
制作途中のお獅子。待ちきれずに遊ぶ、次男坊と末っ子。

子ども劇場ワークショップお獅子
お獅子完成〜♪♪

子ども劇場獅子
いろんな子達に頭を「カプッ」としてもらう、娘っち。ありがたや〜ヤッタv


お獅子作りという、なかなかできない経験ができたうちの子ども達。

親が思っていた以上に、手作りしたお獅子に愛着を抱いていた子ども達でした。

at 18:09, しのっち, いろいろな体験

comments(0), trackbacks(0), pookmark